脱毛サロンの選び方

アンチエイジング用化粧水の成分

加齢とともに増える肌の悩み。それを解消に導いてくれるのが、アンチエイジング用化粧水です。
しかし、ただパッケージにアンチエイジングと記載されているからと化粧水を選んではいませんか?含有される成分とその働きを理解し、自分の肌に足りていないものを上手に補うようにプラスしてゆけば、おのずと若々しい肌は生まれてきます。
年齢肌の原因のほとんどは乾燥から発生しています。シワやたるみ、くすみやシミなどは、すべて乾燥によって肌のターンオーバーが正常になされなかったり、肌の水分不足により細胞のうるおいが失われていることによるものなのです。アンチエイジング化粧水では、高保湿成分であるセラミドやヒアルロン酸などが含まれています。分子サイズをナノ化しているものは肌の奥まで浸透しやすく、よりうるおいが満ちやすくなります。
年齢により衰えた肌の細胞を、活性化させる成分もあります。
代表的なものは、プラセンタエキス、レチノイン酸です。プラセンタエキスは、豚や馬などの胎盤から抽出され、新陳代謝を活性化させる働きがあります。また、健やかな若々しい肌を作るアミノ酸やビタミン・ミネラルを含みます。
レチノイン酸は、ビタミンA誘導体の一つであり、肌に吸収されやすい加工を施しています。肌の正常なターンオーバーを促進させ、アンチエイジング効果が大きく期待できます。
蓄積された紫外線ダメージから起こるシミやくすみには、美白成分を含有しているものを選びましょう。
ビタミンC誘導体、ルミキシルペプチドなどがあります。ビタミンC誘導体は、肌の奥まで届きやすい形状で、コラーゲン合成をサポートします。また、メラニン色素の生成を抑制するため、すでにあるシミやくすみ、これからできるものに対しても美白効果があります。
ルミキシルペプチドは、アミノ酸の一種。メラニン色素の生成を阻害し、新しくシミ・くすみができるのを防ぎます。
どのような成分が自分に合っているかも見極めながら、賢いアンチエイジングを行いましょう。